• English
  • 日本語
ASEAN日本政府代表部主催 日本食普及イベントへの参加

トピックス

ホーム > トピックス > ASEAN日本政府代表部主催 日本食普及イベントへの参加

トピックス

ASEAN日本政府代表部主催 日本食普及イベントへの参加

2018年、12月13日

このイベントに小谷穀粉も参加し、インドネシアだけにとどまらず、
東南アジア市場でご好評を頂いているOSK New Familyシリーズを提供

12月13日,ASEAN日本政府代表部は,ジャカルタのASEAN事務局において,日・ASEAN友好協力45周年記念イベントの一環として,日本茶をテーマとした第2回目の和食レクチャー・デモンストレーション・イベントを開催しました。 本イベントでは,須永大使ほかによる冒頭挨拶の後,大使公邸料理人の築氏による日本茶のレクチャー・デモンストレーションを行いました。また,ジャカルタ市内のシャングリラホテルにあるレストラン「西村」の徳久日本食料理長や日本企業・代理店の協力も得て,日本茶を使った料理やスイーツの試食,日本茶の提供も行いました。 本イベントには,ASEANの対日調整国であるベトナムのトラン・ドゥック・ビン常駐代表(大使),AKPモクタンASEAN事務次長(共同体・官房担当),ファン・アン・トゥアンASEAN事務次長(政治安全保障共同体担当)を含む計150名程度の参加が得られたほか,本年に日本政府が任命したメロディ・ヌランダニ・ラクサニ日・ASEAN食料・農業友好親善大使も参加し,イベントを盛り上げました。

(ASEAN日本政府代表部 ホームページより抜粋)


会場となったジャカルタ市内のアセアン本部


OSK New Familyシリーズの出展ブース


OSKブースに来訪した須永大使(左から3番目)


OSKの緑茶に高い関心を示したベトナム大使


温かいOSK緑茶を振舞うプロモーター